35年ローンは借りれるか?

マンション買取後に住み替えローンを組むときは、住宅ローン残債が残っていることが多いのですが、前のマンションの住宅ローンが既に完済していれば問題ないのですが、もしまだ住宅ローン残債が残っている状態で、住み替えローンを検討しているのであれば、また新たな住み替えローンで35年ローンは組めるのでしょうか?結論から申し上げますと、審査次第となります。
結局、住宅ローンを組める年齢というのは35歳が限界であり、35歳までに住宅ローンを組まないとそれ以降は住宅ローンを組むのは一般的に難しくなります。
ただし例外もあります。
マンション売却この例外というのが住宅ローン残債の額。
マンション買取で住宅ローン残債が一定額以下になっている場合、もしくは完済間近で、マンション買取後に手元に入ってきた資金で、新居の頭金がどれだけカバーできるかによります。
つまり、マンション買取業者が前の住んでいたマンションにいったいどれだけの査定を行い、高評価で買い取ってくれるかで、その買取られた金額であらたなマンションの金額をどれだけカバーするかによります。
しかしローンとは契約者を様々な切り口で審査していきますので、たとえば先ほども言ったような消費者ローンの残債が非常に多く、住み替えローンを実行した後も、毎月の支払いに首が回らなくなることが予め想定できているのであれば、35年ローンは非以上に難しくなっていますし、また契約者の年齢も銀行の住み替えローンの規定以上の年齢であればお断りになる可能性があります。